片柳学園・東京工科大学(相磯秀夫学長)とネットツーコム(王清社長)は、共同で開発したLinux OS搭載オープンソースIP携帯端末「工科大ケータイ」の販売を5月15日に開始した。通常販売価格は税別7万5000円、アカデミック価格は税別6万5000円。

 同大学の八王子キャンパス内にある有隣堂「片柳学園ブックセンター」での限定発売だが、一般販売も順次開始する予定。

 「工科大ケータイ」は、携帯電話に似た形状の小型Linux端末で、Linuxカーネルのみを組み込み、開発用として提供。誰もが参加できるオープンソースの開発環境を整え、参加者自らが必要なソフトを構築していく。