プラネックスコミュニケーションズ(久保田克昭社長)は、IEEE802.11g規格2WAY無線LANアクセスポイント「GW-AP54SP」を9月下旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は8980円。

 2つのLANポートを搭載するスイッチングハブで、HDDレコーダーやLAN対応ゲーム機を同時に接続できるのが特徴。「無線LANアクセスポイントモード」の場合はパソコンの無線LANアクセスポイントとして、「無線LANコンバータモード」の場合は、有線と新製品とつないだデジタル家電の無線ネットワークとして利用できる。

 主な機能としては、離れた地点の有線LAN同士を無線でつなげられる「ブリッジ機能」、無線電波の届かない場所に新製品を経由させることでサポートする「リピータ機能」を装備。また、暗号化機能としてWEP、WPAに加え、最新のWPA2機能にも対応した。WPA2はより強固なAESに対応しており、WPAとWPA2が混在した環境でも利用できるミックスモードも搭載している。このほか、無線LANアクセス制限機能を備えている。