ソニーマーケティングは、DVDレコーダー“スゴ録”シリーズとして、デジタルハイビジョンチューナー内蔵モデル3機種と、地上・BSアナログチューナー内蔵モデル1機種、計4機種を11月21日に同時発売する。<br />


 ソニーマーケティングは、DVDレコーダー“スゴ録”シリーズとして、デジタルハイビジョンチューナー内蔵モデル3機種と、地上・BSアナログチューナー内蔵モデル1機種、計4機種を11月21日に同時発売する。

 デジタルハイビジョンチューナー内蔵の「RDZ-D90」「RDZ-D70」「RDZ-D50」は、デジカメで撮った写真からハイビジョンフォト作品を自動作成する「x-Pict Story HD」を搭載。また、2パスエンコード技術による高画質DVD作成「ダイナミックVBRダビングPRO」機能や、デジタル放送とアナログ放送を同時録画する「デジタル・アナログ2番組同時録画」機能(RDZ-D90/D70のみ)を新たに搭載した。

 地上・BSアナログチューナー内蔵の「RDR-AX75」は、新開発MPEG4-AVC専用LSIを搭載しており、「プレイステーション・ポータブル(PSP)」とUSBケーブルで接続できる。録りためた番組をPSP内の「メモリースティック PRO デュオ」や「メモリースティック デュオ」に高速転送して、外出先などで楽しむことができる(「おでかけ・スゴ録」機能)。

 このほか、4機種に共通する新機能として、(1)ユーザーの「好み」を学習してテレビ番組を賢く自動録画する「x-おまかせ・まる録」、(2)DVDメディアのバックアップに便利な「まるごとディスクコピー」、(3)デジタルスチルカメラの写真をUSB接続で取り込める「簡単フォト取り込み」(RDZ-D50除く)――など。

 価格はすべてオープンで、市場推定価格は、 「RDZ-D90」が約18万円、「RDZ-D70」が約16万円、「RDZ-D50」が約13万円、「RDR-AX75」が約8万円。