NTTカードソリューション(里木 勇社長)とレーベルゲート(高堂 学社長)は9月8日、レーベルゲートが運営する音楽ダウンロードサービス「Mora(モーラ)」において、NTTカードソリューションのプリペイド式電子マネー「NET CASH」による決済サービスを利用した専用プリペイドカード「Mora Music Card」を11月1日に発売すると発表した。発行券種は、1000円/2500円/5000円の3種類。


 NTTカードソリューション(里木 勇社長)とレーベルゲート(高堂 学社長)は9月8日、レーベルゲートが運営する音楽ダウンロードサービス「Mora(モーラ)」において、NTTカードソリューションのプリペイド式電子マネー「NET CASH」による決済サービスを利用した専用プリペイドカード「Mora Music Card」を11月1日に発売すると発表した。発行券種は、1000円/2500円/5000円の3種類。家電量販店を中心に販売を展開していく予定。

 決済サービス開始後は、「Mora Music Card」または通常の「NET CASH」のIDとメールアドレスでログインし、好みの曲の「ダウンロードボタン」と「確認ボタン」の2つをクリックするだけで、簡単に「Mora」の楽曲をダウンロード購入できる。会員登録することなく、入力する個人情報は電子メールアドレスだけなので、これまで以上に「Mora」を気軽に安心して楽しめるようになる。

 「Mora」は、9月8日現在、国内の主要レコード会社やインディーズレーベルの楽曲を中心に、邦楽9万曲、洋楽11万曲の歌詞付き楽曲データを配信している。ダウンロードした楽曲データは、ソニーの「ウォークマン」や「メモリースティック」搭載の携帯電話機、および携帯ゲーム機などのOpenMG対応機器に転送して楽しむことができる。ダウンロード実績は月間約50万曲で、05年度は850万のダウンロードを見込んでいる。

 「NET CASH」は、16桁のID(NET CASH ID)を利用して、オンラインショッピングなどで決済が行えるプリペイド式電子決済サービス。クレジット番号などの個人情報の入力が必要なく、暗号化によって通信を保護するため、個人情報漏えいなどの心配もない。