ワコム(本社・埼玉県、山田正彦社長)は、高性能ペンタブレット「Intuos3 PTZ-630」にオプション品などを大幅に追加した「Intuos3 スペシャルパック」を、9月13日に2000セット限定で発売する。内訳は、「PTZ-630」のクリスタルグレーが1200台、クリスタルシルバーが800台。価格はオープンで、実勢価格は、3万3000円前後の見込み。

 「Intuos3」発売1周年を記念し、標準セット内容に、標準の電子ペンをもう1本、オプションのフェルト芯を5本、同じくオプションのマットタイプのオーバーレイシート1枚を追加し、標準価格で8925円に相当するところを、約3000円程度の価格アップで提供するもの。

 昨年9月に発売した「Intuos3」は、好みに応じて使い勝手を調節できるようにした高いカスタマイズ性が特徴。とくに要望の多かった「ペン先のすべり具合のカスタマイズ」について、素材の違う2種類の芯先(標準芯、フェルト芯)を標準装備した。また、タブレット本体の表面に貼ることでペン先の書き味を変えられるオーバーレイシートも、標準タイプに加えて、マットタイプをオプション品として用意し、芯とシートを組み合わせると4通りの書き味が選べる。今回の「スペシャルパック」では、始めからこれらのオプション品を同梱するため、4通りの書き味を常時使い分けることができる。