ヴァル研究所(鈴木和夫代表取締役は、10月5日から11月30日までの期間限定(1万本限定)で、「駅すぱあと バージョンアップ(2005年10月)」を販売する。価格は3675円。

 新たに「CO2総排出量計算機能」を追加しており、今秋からリリースする「駅すぱあと」各製品において、今までの「時間順」「運賃順」「定期順」の経路探索に加えて、新たに二酸化炭素総排出量順(「CO2排出量順」)の探索が可能となる。

 探索結果には、当該経路の二酸化炭素総排出量のほか、同じ距離について乗用車を利用した場合の二酸化炭素総排出量も併記されるため、環境を考慮した経路探索ができるようになる。また、利用中のメールソフトに、その検索結果を簡単に貼り付けることもできる。

 さらに、近郊路線図のリニューアル、路線バス情報(新規4社)の追加など新機能・最新情報を搭載、あわせて、JRグループ秋のダイヤ改正、つくばエクスプレス開業(8月24日)などの最新ダイヤ情報も収録した。

 このほか、あらかじめ所持している定期券の経路を入力しておくと、実際に精算する金額を探索結果として表示する「定期券利用時の運賃計算」機能も装備している。