NTTドコモは、「iモード災害用伝言板サービス」の運用を9月6日10時40分から開始したと発表した。台風14号の影響による集中豪雨の被災地域での安否状態等の確認手段として提供するもの。


 NTTドコモは、「iモード災害用伝言板サービス」の運用を9月6日10時40分から開始したと発表した。台風14号の影響による集中豪雨の被災地域での安否状態等の確認手段として提供するもの。

 伝言板にメッセージを登録が可能なのは次の17県。「岡山県、広島県、山口県、鳥取県、島根県、香川県、徳島県、愛媛県、高知県、福岡県、大分県、長崎県、熊本県、佐賀県、鹿児島県、宮崎県、沖縄県」。なお、伝言板を使ってメッセージの確認は全国で可能。