ソニーマーケティングは、Windows PCと組み合わせ、日本国内や海外から自宅のテレビ放送を視聴できる「NetAV」機能を搭載したロケーションフリーベースステーションパック「LF-PK1」と、ロケーションフリープレーヤーPC用「LFA-PC2」を10月1日に発売する。価格はオープンで、市場推定価格は「LF-PK1」が3万3000円前後、「LFA-PC2」が2000円前後となる見込み。

 「ロケーションフリーベースステーション」は、ブロードバンド環境のあるホテルや、公衆無線LANが設置されたレストラン、カフェなどの外出先から、自宅で受信したテレビ放送や同製品に接続しているAV機器をリアルタイムで視聴できるようにする製品。「ロケーションフリープレーヤーPC用」をインストールすることで、TVチューナーのないPCでもテレビ視聴を可能にする。

 さらに無線LAN機能を内蔵し、無線LAN機能を搭載したPCと組み合わせれば、テレビ放送などをワイヤレスで自宅の好きな場所で楽しめる。なお、無線LANは、2.4GHz帯の「IEEE802.11b」「IEEE802.11g」、5GHz帯の「IEEE802.11a」に対応している。

 このほかの特徴は、(1)刻々と変化するネットワークに応じて最適なレート調整を行う「ネットワーク適応型VBR機能」を搭載、(2)PC画面上のリモコンで、ビデオレコーダーなどを遠隔操作可能、(3)画面案内に従って数回クリックするだけで設定が完了する「かんたんセットアップ」機能を搭載、(4)従来機に比べて、体積比で約半分のコンパクトサイズを実現――など。