コンピュータ・アソシエイツ(CA、三ッ森隆司社長)は9月1日、コンシューマ向けセキュリティソフトとして「eTrust インターネットセキュリティスイート2006」と、「eTrust パーソナルファイアウォール2006」の2製品を発表した。9月7日から直営ECサイト「CAストア」で販売開始し、9月9日からパッケージ版を店頭販売する。

 コンピュータ・アソシエイツ(CA、三ッ森隆司社長)は9月1日、コンシューマ向けセキュリティソフトとして「eTrust インターネットセキュリティスイート2006」と、「eTrust パーソナルファイアウォール2006」の2製品を発表した。9月7日から直営ECサイト「CAストア」で販売開始し、9月9日からパッケージ版を店頭販売する。

 「eTrust インターネットセキュリティスイート2006」は、同社がコンシューマ向けに販売する初めての複数機能を盛り込んだスイート製品。コンピュータウイルス対策のほか、スパイウェア、スパム対策機能とパーソナルファイアウォール機能を盛り込んだ。

 なかでも、昨今、被害が拡大しているスパイウェア対策の駆除率の高さが強みで、「約12万種類のスパイウェアに対応し、業界ナンバーワンの検知・駆除率」(三ッ森社長)という。価格は、ダウンロード版が6980円、パッケージ版が8980円。なお、他社製品からの乗り換え版として特別優待版も6980円で用意する。

 同社は、同時発売する単機能セキュリティソフト「eTrust パーソナルファイアウォール2006」のほかにも、スパイウェア対策ソフト、スパム対策ソフト、ウイルス対策ソフトの3製品を、「個別で2か月以内に発売する」(長谷一生・ビジネス・ディベロップメント・ディレクター)計画。来年3月までにシリーズ合計で、売上高10億円、15万ライセンスの獲得を目標に掲げている。