面ファスナーの「マジックテープ」を製造・販売するクラレファスニング(高岡光彦社長)は、薄型テレビなどの脚を強固に留め、地震による転倒を抑制するグッズ「家電脚まわり用」などを10月中旬から発売する。

 「家電脚まわり用」は、プラスチック製面ファスナー「マジロック」を使用した転倒抑制グッズ「マジックガード」シリーズの一つで、曲線状の脚を「マジロック」付きの成型ボックスとバンドで強力にホールドする。面ファスナーの特性を生かし、簡単に取り付けられ、取り外しも可能なのが特徴。

 「マジックガード」シリーズは、「家電脚まわり用」の発売を機に、パッケージデザインのリニューアルを行う。商品シリーズの見直しも行い、新たに、底面を固定する材料に置くだけでぴったりつくポリウレタン製ゲルシートを使用した「薄型液晶TV&PCディスプレイ用」(ゲル固定タイプ)、「プリンター&複合機用」(同)を追加。従来からの薄型液晶TV&PCディスプレイ用(底面固定タイプ)、「プリンター&複合機用」(同)、ノートPC&キーボード用滑り止めシート、家具用壁面固定タイプ、家具用上下連結タイプと合わせて計8種類とした。

 同社によると、同シリーズを使って阪神・淡路大震災と同等レベルの震度による耐震実験を行い、大地震時における耐震性能を確認しているという。

 参考価格は、「家電脚まわり用」が2000円、「薄型液晶TV&PCディスプレイ用」のゲル固定タイプが1100円、底面固定タイプが800円など。