日本ビクターは、DVDビデオレコーダー「快録ルパン」シリーズの新製品を8月上旬から順次発売する。ラインアップは、VHS搭載HDD・DVDレコーダー「DR-MX50」「DR-MX10」と、HDD・DVDレコーダー「DR-MH300」の3機種。HDD容量は、「DR-MX50」が400GB、ほか2機種が250GB。

 「DR-MX50」は、VHS・HDD・DVDを一体化した“3in1”モデル最大の400GB HDDを内蔵し、アナログBSチューナーやケーブル1本で映像と音声をデジタル信号のまま伝送できる「HDMI端子」を備えた上位モデル。

 HDD・DVD部とVHS部に独立したアナログ地上波ダブルチューナーを搭載し、HDD/DVDとVHSとで2チャンネル分の同時録画が可能。ワンタッチで簡単にVHSからDVDにダビングできる「VHSぴったりダビング」のほか、S-VHSの高解像度約400本を保ったままダビングできる「S-VHSダビング」機能を備える。

 DVD部は、3機種ともに「DVDマルチフォーマット」を採用。DVD-RAMはもちろん、「1回だけ録画可能」なCPRMに対応したDVD-RW/-RディスクへのVRモード記録に対応し、DVD+R/+Rも再生できる。搭載するEPG(電子番組表)は、「スポーツ延長対応」、入力したキーワードに合った番組を探して知らせる「番組お知らせ機能」など便利な機能も充実。また、リモコンのボタン一つで操作ガイドを表示し、使い方を分かりやすく教える「お助けガイド」を搭載した。

 発売時期と実勢価格は、「DR-MX50」が8月上旬で13万円前後、「DR-MX10」が8月中旬で10万円前後、「DR-MH300」が8月上旬で9万円前後。