マイクロソフトは7月27日、日本でビジネス拡大を図るための3か年計画「PLAN?J(プランジェイ)」を発表した。投資の拡大や技術革新の促進に力を注ぎ、産・官・学とのパートナーシップを強化することを掲げた。

 マイクロソフトは7月27日、日本でビジネス拡大を図るための3か年計画「PLAN?J(プランジェイ)」を発表した。投資の拡大や技術革新の促進に力を注ぎ、産・官・学とのパートナーシップを強化することを掲げた。

 投資面では、優秀な学生やITプロフェッショナルを採用するなど人材への投資、パートナーとの協業による市場への投資拡大、社会に還元するための投資の拡大などを打ち出した。技術革新では、「マイクロソフトプロダクトディベロップメント」や「ウィンドウズパートナーグループ」「MSN R&Dセンター」「マイクロソフトゲームスタジオ」「テクノロジーアダプションプログラム」「フィールドテクノロジーラボ」などを立ち上げたことで日本での研究開発を強化している。

 パートナーシップでは、産業界で技術面での協業やオープンスタンダードの促進、グローバルビジネスの共同構築を進めていくほか、教育機関とのコラボーレション、政府機関とのオープンな意見交換の促進、電子政府実現の支援などを行っていく。

 会見には、7月1日付で社長に就任したダレン・ヒューストン氏が出席し、「デジタル化に対するイノベーションは確実に起こっており、今後3年間で当社が何を行うべきかを『PLAN?J』として掲げる。なかでも、日本でのパートナーシップ構築には力を入れていく」とアピール。製品面では、「デスクトップ分野では、オフィスがさらに普及する。勢いがついているサーバー分野は、さらに伸びるといえるだろう。また、ゲーム分野で発売予定の『Xbox360』をヒットさせていく」と述べた。