九十九電機(鈴木淳一社長)は、ノートパソコンユーザー向けの新サービスとして「液晶リフレッシュ・サービス」を7月27日から開始した。

 提供するのは、(1)バックライト交換サービス、(2)液晶パネル交換サービス、(3)AR(アンチリフレクション)コーティングサービス――の3サービス。「ツクモ秋葉原サポートセンター」店頭とWebで申し込みを受けつける。

 「バックライト交換サービス」では、バックライトのみなど必要最低限の部品交換を行う。通常、メーカーの純正修理を利用すると、液晶パネルユニットすべての交換修理になり修理費用が高くなるが、同サービスではメーカー純正修理のおよそ3分の1程度で液晶画面を復活させることができる。

 「液晶パネル交換サービス」では、メーカー純正パネルと同等のリビルド品(再生品)の使って液晶パネル交換を行う。そのため、メーカー純正修理の半分から3分の2程度の修理費用で液晶パネルを交換できる。

 「ARコーティングサービス」は、蛍光灯の映り込みが気になるオフィスや、屋外での使用が多いノートパソコンユーザー向けのオプションサービスで、外光の反射による画面のぎらつきを表面にARフィルムをコーティングすることで低減させる。

 対応可能機種は、NEC、富士通、ソニー、東芝、シャープなどのナショナルブランド各社の代表的なモデル約120機種。現在、アップル、Panasonicなど一部のメーカーの機種では対応していない。対応機種は随時同社Webページで更新していく。

 価格は、「バックライト交換サービス」が10.4インチ?15.4インチワイドまで一律1万9800円。「液晶パネル交換サービス」が3万4800円から3万9800円。インバータ基板故障の場合は両サービスともにプラス9800円が必要。「ARコーティングサービス」が10.4インチ?15.4インチワイドまで一律1万9800円。