ソフトブレーン(宋文洲代表取締役会長)のグループ会社アンソネット(大園郁代表取締役)は、外出時のSkype着信を携帯へメール送信するソフト「こえめーる for Skype」を7月26日に発売した。価格は4万2000円。

 留守番録音状態の「Skype」に録音されたメッセージを、携帯電話で再生可能な形式の音声ファイルに変換、メールに添付して携帯電話へ送信するソフト。「Skype」を企業内の内線電話として利用している場合は、離席・外出中のスタッフに対してもシームレスな業務連絡が可能になる。なお、「Skype」を留守番録音状態にするには、別途「こえめーる for Skype」に対応のSkype用留守録ソフトウェアが必要となる。

 音声形式は、3GPP形式(NTTドコモ FOMA、au CDMA 1X WIN 対応)、QCP形式(au全般)の2種類をサポートしており、ボーダフォンには今のところ対応していない。