NTTソルマーレ(廣瀬雄二郎社長)とコネクトテクノロジーズ(加来徹也社長)、ビー・ユー・ジー(服部裕之社長)の3社は3月4日、携帯電話を利用したインターネット閲覧や、高画質モードで撮影した写真メール送信などのパケット通信を無料にする「パケットゼロ」を4月18日から開始すると発表した。

 新サービスは、ブロードバンド回線と携帯電話端末を赤外線通信で接続することでパケット通信を無料にできるサービス。3社共同で赤外線通信アダプタ「パケットゼロステーション」を開発し、NTT東日本とNTT西日本のブロードバンド回線「Bフレッツ」や「フレッツ・ADSL」を使って提供する。アダプタ価格はオープンで、1万4000円程度をめどに販売する予定。サービス月額料金は、パケットブラウザが無料、パケットゼロメッセンジャーが500円。

 ターゲットとするユーザーは、パケット通信を1か月平均で2000?3000円利用する主婦や大学生、高校生など。「ホテルやレストラン、ファーストフードなど法人にもアダプタ販売のアプローチをかけていく」(NTTソルマーレの廣瀬社長)計画で、初年度の販売台数を3万台と見込んでいる。

 ユーザーは、パケットゼロ専用のサイトにアクセスし、ウェブ閲覧機能「パケットゼロブラウザ」とメッセージング機能「パケットゼロメッセンジャー」に対応したアプリケーションを携帯電話端末にダウンロードして利用する。利用時は、携帯電話の赤外線ポートを赤外線通信アダプタにかざす。アダプタが赤外線を認識する距離は約30cm。

 コンテンツについては、ショッピングやグルメなどの情報サイト、動画の提供サイト、着メロ、待ち受け画面の提供サイトなどを想定している。コンテンツプロバイダ向けに各コンテンツの課金が可能な「ケータイ向け課金モデル」も用意する予定。

 対象機種は、NTTドコモの「mova505i」シリーズと「mova506i」シリーズ、「FOMA900i」シリーズ、「FOMA901i」シリーズなど。「1年以内にはauやボーダフォンなどの端末でも利用できるようにしていきたい」(NTTソルマーレ・廣瀬社長)との意向を示した。