ソーテック(平沢 潔社長)は、2005年春モデルとして、マイクロタワー「PC STATION PT7220C」、スリムタワー「PC STATION PV2325ARB」など計4機種と、ノートタイプの「WinBook WHシリーズ」、「WinBook WAシリーズ」計3機種の合計7機種を発売する。製品の受注・販売はソーテックダイレクトとソーテック製品取扱店。ダイレクト受注開始は1月24日15時からで、店頭ではデスクトップを1月29日に、ノートを2月3日に発売する。

 デスクトップの「PT7220C」は、新型マイクロタワーきょう体を採用し、拡張性に優れた格安モデル。AMD Sempron プロセッサやコンビネーションドライブを搭載している。価格は本体のみで4万4800円。

 スリムタワー「PV2325ARB」は、従来モデルと比べ本体前面のカラーを一新し、より使いやすく、コストパフォーマンスを向上させたスペックアップモデル。2層書込み対応DVDスーパーマルチドライブやハードウェアMPEG2エンコーダテレビチューナー、200GBハードディスクドライブ、Office Personal 2003(SP1)搭載を搭載する。価格は本体のみで9万9800円、17型輝き液晶付が13万4800円、19型輝き液晶付が14万4800円。

 ノートタイプの「WinBook WHシリーズ」は、シンプル&スタイリッシュな新きょう体に必要基本性能を搭載しつつ、8万円台を実現した14.1型低温ポリシリコン輝き液晶搭載のスタンダードノートパソコン。価格は、「WH2320C4」が8万9800円、「WH2320C4B」が10万9800円。

 「WinBook WAシリーズ」は、DVD+R DL(2層)書込対応のDVDスーパー・マルチドライブや、Microsoft Office Personal Edition 2003(SP1適用済み)のほか、さまざまなアプリケーションソフトを備え、15型の大画面輝き液晶を搭載したコストパフォーマンスの高い多機能ノートパソコン。価格は「WA2330S5B」が12万9800円。