レックスマークインターナショナル(雨宮敏朗社長)は、家庭向けにコンパクトサイズのインクジェットプリンタ「Lexmark P315 Photo Jetprinter」を、2月中旬に発売する。価格はオープン。


 スマートなデザイン、操作性、購入しやすい価格を追求したコンセプト「Printing Smart」を進化させた家庭向けデジタルフォトプリンタ。デジタルカメラなどで撮影した画像データの処理が、素早く簡単にできる。W274×D211×H142mmのコンパクトボディで、持ち運びに便利なハンドル付き。

 PictBridge対応や10種類のメモリカード――コンパクトフラッシュ(Type I/II)・マイクロドライブ・マルチメディアカード・SDカード・Mini SD(要アダプタ)・スマートメディア・メモリースティック/Duo(要アダプタ)/ProDuo(要アダプタ)・xDピクチャーカード(512MBまで)――に対応するメモリカードスロットを搭載。PCを介さずに、ピクトブリッジ対応のデジタルカメラやメモリカードから直接プリントができる。印刷解像度は800×1200dpiを実現。

 2.5インチの液晶モニタを搭載し、初心者でも画面を見ながら簡単操作が可能。プリントサイズはL・ハガキ・A6/4×6で、ハガキ・フォト用紙・コート紙など幅広い用紙に対応する。4辺フチなしプリントもできる。独自のインクシステムによるカラーインクカートリッジを採用し、#33シアン、マゼンタ、イエローを標準同梱している。