カノープス(藤原睦朗社長)は、同社のテレビチューナー「MTVXシリーズ」などの周辺製品として、リモートコントローラー「CRM2005」と、動画変換ソフト「XPack Premium Edition」を2月上旬に発売する。価格はともにオープンプライス。実勢価格は、「CRM2005」が3000円前後、「XPack Premium Edition」が9800円前後の見込み。

 「CRM2005」は、同社のテレビチューナー製品に付属する「FEATHER2005/2004」などのTVコントロールソフトを、家電と同じ感覚で操作できるようにするリモコンユニット。ボタン配置などを工夫し、「FEATHER2005」と同様の操作感を実現した赤外線方式のリモコンと、USB受光部がセットになっている。

 リモコンは多目的に利用可能で、ボタンにキーボードのショートカットを割り付けたり、プログラムキーにソフトウェアを登録すると、アプリケーションの起動や操作も可能になる。

 一方、「X Pack Premium Edition」は、PCで録画した動画ファイルなどを、DivX Video/WMV/SD-Video/MPEG4(NeroDigial)の各形式に変換するコンバートソフト。わかりやすい日本語表示の操作画面や、画質設定などのプリセットを備えることで、動画変換に詳しくないユーザーでも簡単に操作できるようにした。また、動画の圧縮率などを細かく設定することも可能なので、知識が豊富なユーザーも十分に活用できる。DVDオーサリングソフト「nero Vision Express 2」を同梱する。

 このほか、同社のハードウェアエンコードを搭載したテレビチューナーボード「MTVX/MTVシリーズ」と組み合わせて使用すれば、録画を行いながら任意のフォーマットに変換できる「バックグラウンドトランスコード(特許出願中)」が可能。他社製テレビチューナーと組み合わせても、フォルダ監視・変換機能によって便利に使用できる。