BSLシステム研究所(小野秀幸社長)は、低価格と充実したサポート体制が特徴の業務用PCソフト「かるがるシリーズ」の新製品として、Windows用在庫管理ソフト「かるがるできる在庫2」を2月18日に発売する。価格は9420円。

 新製品は、これまで手書きで在庫管理していた小規模事業所や個人事業主を主なターゲットとした在庫管理ソフト。手書きリストからパソコンへの移行がスムーズにできるよう、手書き感覚で操作できる入力画面を採用し、事前にマスター登録しなくても、入出庫帳に入力するだけで在庫のチェックから棚卸作業まで簡単に行える。また、棚卸実在庫数や決算処理のための現在庫高を見る一覧表をボタン一つで作成できる機能を搭載し、正確でわかりやすい在庫管理を実現した。

 このほか、入力したデータをエクセルなどの別のアプリケーションで利用できる「データエクスポート機能」や、期間や仕入先名、商品名といった複数の条件を指定することで、すばやく該当データを探し出せる検索機能などを備える。

 さらに、同社の独自サポートとして、(1)ユーザーが使いこなせるまで支援する業界唯一の「無期限・無料サポート(電話、FAX、E-mail)」、(2)導入を諦めた場合にソフト買い取りを保証する「挫折買取サービス」――を用意し、初心者でも安心して導入できる体制を整えている。