カノープス(藤原睦朗社長)は、ソフトウェアエンコード対応テレビチューナーボード「KTVX1000」とモバイルチューナー「豆ちゅーDVD」を2月上旬に発売する。価格はともにオープンで、実勢価格はともに1万円前後の見込み。

 「KTVX1000」は、PCIボードタイプのテレビチューナーボード。テレビ録画からDVDビデオ作成までが、ワンクリックで行える。また、簡単操作のコントロールソフトによって、MPEG2/4で手軽にTV番組録画が可能。ソニーのインターネットサイト「TV王国」を利用すれば、インターネットから番組予約ができる。

 「豆ちゅーDVD」は、USB接続のテレビチューナーユニット。ノートPCと一緒の持ち運びにも便利なサイズで、ワンクリックでTV録画からDVDビデオの作成までが行える。バスパワー駆動とロッドアンテナ付属で、アウトドアでもTV視聴や録画が可能。

 両製品とも、現在使っているPCを手軽にTVPCにすることができ、初めてTVキャプチャーをする人に最適。録画したファイルサイズに応じて、DVDに収まるサイズに自動調整するので、録画からDVD作成までを簡単に行うことができる。