デル(本社・川崎市、浜田 宏社長)は、携帯情報端末(PDA)の新製品「Axim X50」と「Axim X50v」を1月13日に発売した。

 最新のポケットPC用プロセッサであるインテルPXA270プロセッサ624MHz(X50v)、520MHz(X50)と、最新OSのMicrosoft Windows Mobile 2003 Second Editionを搭載。

 黒とシルバーを基調としたスタイリッシュな新デザインを採用。高さ119mm×幅73mm×奥行き16.9mmという優れた携帯性を備えながら、屋外でネットワークに接続できる無線LAN(IEEE802.11b)機能や、モデム、プリンタ、キーボード、電話など周辺機器とのワイヤレス接続を実現するBluetoothを搭載している。

 SDIOカードとCFカードが利用可能で、「SDIO NOW!」に対応したインターフェイスを装備。デジタルカメラ、携帯電話などとのデータ交換や、カード型通信端末を用いたインターネットへの接続やメールの送受信など、幅広い拡張性を実現している。

 ディスプレイには高輝度の6万5536色、半透過型カラーTFT液晶ディスプレイを採用し、最新のWindows Media Player 10日本語版を使って高画質な動画再生を楽しむことができる。3.7インチVGA(480×640ドット)の高精細ディスプレイを採用した「Axim X50v」は、省消費電力も実現するインテル 2700G マルチメディアアクセラレータを標準で搭載。OpenGLやJSR-184などの標準3DAPIもサポートし、バッテリ持続時間を気にすることなく、さまざまなマルチメディア機能が利用できる。

「Active Sync 3.7」でパソコンに接続。PDA上のデータとパソコンのデータを比較し、両方が最新のデータになるよう同期をとる。「X50v」には 同期用のデバイスとして、充電可能なUSB接続用クレードル(置き台)を標準で添付。

 価格は「Axim X50」が4万4800円、「Axim X50v」が5万4800円。単体のほか、個人向けノートブック「Inspiron」とデスクトップ「Dimension」シリーズと組み合わせ、インターネット直販「オンライン・ストア」および電話で販売する。また、標準で1年間の交換サービスが提供され、24時間年中無休の充実したサポート体制で、技術的なトラブルに対応する。