日立製作所 ユビキタスプラットフォームグループ(立花和弘グループ長&CEO)は、DVDビデオカメラ「DVDカムWooo」に、高画質・高付加価値を特徴とするGXシリーズを追加し、その第1弾製品として「DZ-GX20」を2月中旬に発売すると発表した。同時に、従来のMVシリーズの新製品となる「DZ-MV780」も発売する。

 価格はともにオープンプライス。当初の月産台数は「DZ-GX20」が9000台、「DZ-MV780」が7000台。

 「DVDカムWooo」は、DVD記録のビデオカメラ。誤って上書きして大切な映像を消してしまう心配がなく、再生時にも巻き戻しや早送りの手間がかからない点や、操作性の良さ、映像の保存性の高さなどが評価されている。

 新製品には、新開発の高画質画像処理回路「ピクチャーマスター for DVDカム」を搭載。画質向上と約20%の低消費電力化を実現した。また、既存モデルで好評を得たDVD-RAM「16:9ワイドモード」を、DVD-R記録時にも利用できるようにした。PC編集キットを同梱し、SDメモリーカードへの静止画記録に対応するなど、DVD機器やパソコンをはじめとする家庭デジタル機器との連携も考慮している。

 「DZ-GX20」は、コンパクトなサイズながら、約212万画素のCCD、2メガピクセル対応レンズ、内蔵ビデオフラッシュを採用した高画質モデル。レンズフードやカメラ本体にアルミ製パーツを採用し、外観からも高性能・高画質感を感じさせるデザインに仕上がっている。

 「DZ-MV780」は、8cmDVDを記録媒体にする一般向けDVDビデオカメラとしては世界最小サイズ。明るい色調と丸みを帯びたデザインで、3種類のカラーバリエーションモデル(うち2色は限定生産)を用意する。

 同社では、DVDビデオカメラをファミリー向け製品と位置付けており、今回の発売に当たって子どもをもつファミリー層に信頼の高い「ミキハウス」とコラボレーションした「デビューキャンペーン」を実施し、販売を強化する。