ロキシオ・ジャパン(笠原健司社長)は、同社のCD/DVDライティングソフト「Toast」のライティングエンジンを搭載したMac用DVDコピーソフト「Roxio Popcorn(ロキシオ・ポップコーン)」を2月11日に発売する。価格は、パッケージ版が8800円で、ダウンロード版が4800円。

 新製品は、簡単操作でDVD-Videoを高画質でコピーできるMac OS X専用のDVDコピーソフト。コピープロテクトのないDVD-Video、ディスクイメージファイル、Video_TSフォルダなどをコピーし、別のメディアにバックアップしたり、ハードディスク上にディスクイメージ形式で保存できる。コピープロテクトのかかったDVDのコピーはできないものの、「iDVD」で作成したDVD映像の家庭用DVDプレーヤーでの鑑賞や、オリジナルDVDをバックアップをとることなどが可能になる。

 さらに、強力なトランスコード圧縮機能を搭載し、片面2層(9GB)のビデオを片面1層のDVD(4.7GB)1枚にコピーすることができ、DVDに含まれるメニュー、タイトル、字幕/音声などもワンクリックでバックアップできる。

 このほかの特徴は、(1)コピー時にメインタイトルや必要なデータ(オーディオフォーマット、音声)を選択することで、コピー時の画質を向上できる「選択機能」、(2)2層書込みに対応するToastライティングエンジン搭載、(3)ネットワーク上の他のToastユーザーとDVDレコーダーを共有できる「ToastAnywhere機能」、(4)多チャンネルDolby Digitalオーディオ、マルチ言語ディスク、NTSC、PAL、ワイドスクリーンに対応、(5)オリジナルDVDラベル作成ソフト同梱――など。対応OSは、Mac OS X 10.2.8以降。

 なお、2月10日までに登録を完了した「Toast」と「Toast with Jam」の登録ユーザーには、1月末から期間限定で優待価格で販売する。