デジオン(本社・福岡市、田浦寿敏社長)は1月7日、ソニー・コンピュータエンタテインメントの携帯ゲーム機「PSP(プレイステーション・ポータブル)」での音楽データ再生を可能にするパソコン用デジタルオーディオソフトを、今年第1四半期中に開発すると発表した。

 同社が培ってきたサウンド編集やオーディオオーサリングの技術を活用し、PSPを携帯音楽プレーヤーにする音楽オーサリングソフト開発を企画。ユーザーがPCに取り込んだ楽曲を、PSP上で再生可能なファイルフォーマットに変換し、PSPで利用するメモリースティックに簡単に保存できるようにする。新ソフトを利用すれば、PSPユーザーは、ゲームに加えて音楽ファイルも携帯できるようになる。

 製品化にあたっては、自社ブランドでの販売に加え、PCや周辺機器メーカーへのOEM供給も予定している。