リコー(桜井正光社長)は、高速デジタル複合機の新製品「imagio Neo 753シリーズ」(毎分75枚機)と「imagio Neo 603シリーズ」(毎分60枚機)の合わせて5機種を1月25日に発売する。


 新製品5機種は、ログインユーザーとパスワードによる個人認証を行い、機能ごとに利用設定をすることができるのが特徴で、PCから状態監視を行う通信をSSLによる暗号化通信とし、IDやパスワード、管理データなどを守る。また、SSLのセキュリティ印刷に対応し、HDD残存情報消去機能などで情報漏洩を防ぐなど、セキュリティ機能を大幅に強化している。「753/603 モデル75」には、プリントアウト時に特別な地紋を埋め込むリコー独自の新技術「不正コピーガード機能」を標準搭載した。

 ネットワークスキャナ機能は、高速なだけでなく、読み取った文書を直接PCに保存する「スキャン to フォルダ」機能や、本体のドキュメントボックスに読み取った文書を蓄積し、添付ソフトを利用してネットワークPCからアクセスできる機能などで、情報の共有と活用を支援する。さらに、読み取った文書を本体のタッチパネル操作だけで電子メールに添付・直接送信できる「スキャン to E-Mail」機能も搭載。ネットワークプリンタ機能とコピー機能は、両面出力時も片面時と同速度。Z折りや中綴じの自動処理に対応するなど、豊富なオプションを用意している。

 「753シリーズ」にはリコー独自の省エネ技術「HYBRID QSU」を、「603シリーズ」には同じく「QSU」を採用することで、消費電力を低減。また本体に使われる特定化学物質を大幅に削減するなど、高い環境性能を発揮している。

 価格(税別)は、毎分75枚機の「imagio Neo 753」(給紙トレイ4段)が278万円、「imagio Neo 753 モデルT」(給紙トレイ3段)が288万円、プリンタ・スキャナ機能標準搭載の「imagio Neo 753 モデル75」(給紙トレイ4段)が298万円。毎分60枚機の「imagio Neo 603」が220万円(給紙トレイ4段)、プリンタ・スキャナ機能標準搭載の「imagio Neo 603 モデル75」(給紙トレイ4段)は240万円。5機種で月販1500台を予定している。