プリンストンテクノロジー(池田譲治社長)は、Bluetooth規格に対応した車載用コードレスハンズフリーカーキット「PTM-BHMD」を1月上旬に発売する。価格は1万9800円。

 「PTM-BHMD」は、小型無線ユニット「PTM-BMD」とカーキット「PTM-BHM」で構成されており、「PTM-BMD」を携帯電話のイヤホンジャック(平型端子)に接続し、「PTM-BHM」を車のシガーソケットに差し込むだけで、無線によるハンズフリー通話を実現する。

 指向性をもたないBluetoothを採用することで、赤外線通信と異なり、携帯電話をカバンや胸ポケットに入れたままの通話や、多人数での通話も可能にした。

 さらに、走行中のクルマのエンジンや路面からのノイズをカットする「DSP機能」や、通話相手に通話相手自身の声が少し遅れて聞こえるエコー現象を解消する「エコーキャンセラー機能」を搭載しており、クリアな音質でストレスのない通話を行うことができる。

 シガーソケットの取付け部は、上下左右約180度可動し、クルマのシフトノブ操作の邪魔にならない。また、12V?24Vのシガーソケット対応で、トラックなどの24V車でも使用が可能。