• ホーム
  • トレンド
  • 「いい部屋ネット 街の幸福度ランキング2022」で上位ランクイン 神奈川の注目・穴場駅!

「いい部屋ネット 街の幸福度ランキング2022」で上位ランクイン 神奈川の注目・穴場駅!

オピニオン

2023/01/24 18:00

 大東建託が発表した「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2022<全国版>」と居住満足度調査「いい部屋ネット 街の幸福度&住み続けたい街ランキング2022<東京都版><神奈川県版><埼玉県版>」を参考に、移住・転居先として注目の駅・エリアを3回に分けて紹介する。第1回・埼玉県に続く第2回は神奈川県だ。

街の利便性は新駅開業やダイヤ改正、商業施設開業によって日々変わる
(画像は羽沢横浜国大駅に誕生する新街「HAZAWA VALLEY」のイメージ)

第1回・埼玉県はこちら
https://www.bcnretail.com/market/detail/20221229_309546.html

駅徒歩15分以内の居住者による神奈川県「街の幸福度」トップはみなとみらい!

 「いい部屋ネット 街の幸福度&住み続けたい街ランキング2022」の駅ランキングは、駅徒歩15分以内の居住者が30人超の駅のみ集計対象となるため、路線バス利用者の多い駅はおおむねランク外だ。また、近接駅を統合しており、統合した駅は駅名の後にAを付加している。
 
神奈川県「街の幸福度(駅)」トップ10

 神奈川県内の自治体・駅に絞って集計した「いい部屋ネット 街の幸福度&住み続けたい街ランキング2022<神奈川県版>」によると、駅ランキングである「街の幸福度(駅)」トップは、2年連続でみなとみらい(横浜高速鉄道みなとみらい線)だった。
 
観光地・商業地であり、住宅地としても人気のみなとみらい
(みなとみらい線)

 2位は都筑ふれあいの丘(横浜市営地下鉄グリーンライン)、3位は北山田(横浜市営地下鉄グリーンライン)、4位は鵠沼海岸(小田急江ノ島線)、5位は能見台(J京急本線)、6位は元町・中華街(みなとみらい線)、7位はセンター南(横浜市営地下鉄ブルーライン)と続く。
 
都筑ふれあいの丘・北山田・センター南などがある横浜市都筑区
(「街の幸福度 自治体ランキング」2位)

 埼玉県の同ランキングと比較すると、神奈川県は上位駅の偏差値が高く、5位まで70超え、1位のみなとみらいに至っては94.9と極めて高い評価だった。みなとみらいは、「住みここち(駅)」「住み続けたい街(駅)」「街に誇りがある(駅)」「街に愛着がある(駅)」でも軒並みトップとなり、「住みたい街(駅)」でも2位を獲得するなど、ダントツの人気だ。ただし、駅が立地する横浜市西区は、「街の幸福度 自治体ランキング」で横浜市都筑区・青葉区・戸塚区より低い22位にとどまっており、「みなとみらい」エリアのみ幸福度が高いようだ。
 
神奈川県「街の住みここちランキング(駅)」トップ10

 なお、第1回でも説明した通り、幸福度の評点は、「非常に幸福だと思う場合を10点、非常に不幸だと思う場合を1点とする10段階の回答平均を100点満点にするために実は10倍したもの」であり、このランキングは居住者の調査時点の意識が大きく反映された結果となる。

 こうしたロジックを理解したうえで、ランキング上位にランクインした駅とその周辺エリアは、人気や知名度の点では劣っても、実際には住みここちのよい、穴場の駅といえるだろう。そもそも神奈川県の海沿いの一帯は、関東平野の内陸部に比べてかなり温暖で、「暖かい」という一点だけで住みやすい。住まい選びにあたって、今後は、物件固有の「断熱性能」(暖かさ・光熱費の低さ)、街・エリア固有の「気候」(暖かさ・過ごしやすさ)も重要な指標になるのではないだろうか。(BCN・嵯峨野 芙美)
ギャラリーページ

オススメの記事