• ホーム
  • トレンド
  • 楽天、自動配送ロボットを活用した配送サービス、つくば市内のスタバ・スーパー対象に

楽天、自動配送ロボットを活用した配送サービス、つくば市内のスタバ・スーパー対象に

販売戦略

2022/11/21 18:00

 楽天グループは11月19日に、自動配送ロボット(UGV:Unmanned Ground Vehicle)の公道走行によって、小売店や飲食店の商品を配送する定常的な配送サービスの提供を、茨城県つくば市内で開始した。

UGVによる配送イメージ

 同サービスでは、つくば市内の西友つくば竹園店およびスターバックス コーヒー トナリエキュート つくば店で取り扱う商品を、つくば駅周辺のマンション・戸建て住宅やオフィスおよび公園・広場に配送する。配送対象地域の住民以外も利用可能で、スマートフォン向けの専用サイトで注文を受けた商品を、注文から30分~60分で配送するほか、指定の配送時間帯に指定する予約配送にも対応している。
 
スマートフォン向け専用サイトのイメージ

 商品の配送中は、専用サイトからUGVの位置情報や到着予定時刻を確認でき、到着時には自動音声の電話やSMSによる通知が届く。
 
UGVからの商品受け取りイメージ

 UGV機体は、米Cartkenが開発し、三菱電機が同サービスに向けて調整したものを使用する。

 配送対応エリアは、茨城県つくば市吾妻1丁目、吾妻2丁目、吾妻4丁目、竹園1丁目、竹園3丁目の一部で、別途110円の配送料が必要となる。また、配送エリアや対象店舗は、今後も順次拡大していく。

 なお、楽天グループは5月から、つくば市内においてUGVの公道走行によって、市内の西友の商品を配送するサービスを期間限定で提供しており、今回提供を開始したサービスは、それを拡大する形で実現した。

オススメの記事