• ホーム
  • トレンド
  • 東京・丸の内仲通りで、遠隔注文したスタバコーヒーをロボットが運ぶ実証実験

東京・丸の内仲通りで、遠隔注文したスタバコーヒーをロボットが運ぶ実証実験

販売戦略

2022/01/16 08:30

 大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり3団体の大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会(大丸有協議会)は、大丸有(大手町・丸の内・有楽町)エリアのスマートシティビジョンで掲げる都市のリ・デザイン像に基づき、アイサンテクノロジー、三菱地所(大丸有協議会スマートシティ推進委員会委員長企業)、三菱地所設計と連携し、1月22日から25日の期間、丸の内仲通りで屋内(建築BIMデータ)と屋外(3Dデジタルマップデータ)を統合した3Dデジタルマップによるロボット走行環境形成の実証実験を実施する。

遠隔注文したスターバックスのコーヒーをロボットがテーブルまで運ぶ

 実証実験期間中は、丸の内仲通りアーバンテラスに設置されている指定のテーブルから、スターバックスコーヒー丸の内三菱ビル店への遠隔注文が可能となり、注文した商品をロボットがテーブルまで配送する。
 
実証実験エリアと走行ルート

 今回の実証実験は、(1)屋外の3Dデジタルマップデータ(東京都)と、屋内のBIMデータ(建物所有者)から、屋内外を統合して構築した汎用的な3Dデジタルマップを利用して、ロボットが実際に走行可能かを検証すること、(2)昨年3月に策定・公表している「大丸有地区スマートシティビジョン・実行計画」の内の都市のリ・デザインに基づく“歩行者・モビリティ・ロボットが共存するウォーカブルな空間”の実現に向けた実用性を検証することを目的としている。
 
走行するロボット 車両名:LogieeS-TC(1台)

 なお、この取り組みは、大丸有協議会を構成員とする大丸有スマートシティ推進コンソーシアムが昨年7月に応募・8月に採択を受けた2021年度「国土交通省(都市局)/スマートシティモデルプロジェクト(継続採択/3年目)直轄調査事業」の一環として実施し、アイサンテクノロジーは、高精度3次元地図の作成・自動運転配送ロボットの実走行を担当、三菱地所・三菱地所設計は三菱ビル・丸の内二丁目ビルの建築BIMデータ構築を担当し、連携して汎用的な3Dデジタルマップの構築を検証していく。

オススメの記事