• ホーム
  • トレンド
  • ヤマダデンキ、容積 1/3・重量 40%減でもあったかい「かるうすこたつ布団」

ヤマダデンキ、容積 1/3・重量 40%減でもあったかい「かるうすこたつ布団」

暮らし

2022/11/18 20:00

 ヤマダホールディングスは10月下旬から、かるうすこたつ布団「KARUS・かるうす」を、全国の「ヤマダデンキ」店舗(一部を除く)、およびオンラインショップの「ヤマダウェブコム」にて販売している。カラーは、和モダン柄、北欧調柄の2色。価格は、サイズ190×190cmの「1919タイプ」が6578円、サイズ190×240cmの「1924タイプ」が7678円。

「1919タイプ」(左)と「1924タイプ」の2サイズから選べる
薄型・軽量のこたつ布団(商品にこたつは含まれない)

 「KARUS・かるうす」は、チタンナノコート加工(スパッタリング加工)を施した生地を使用することで、優れた熱反射性能を実現したこたつ布団。

 綿を大幅に減らすことで、容積を3分の1、重さを40%軽量化し、汚れても気軽に洗濯でき、シーズンオフにはコンパクトな収納を可能にしている。一方で、綿を大幅に減らしたにも関わらず、一般的なこたつ布団と遜色ない温かさを実現した。

 部屋のインテリアを損なわない、シャープなシルエットを採用しており、布団ズレを防ぐ「ズレ防止紐」を備えている。
 

オススメの記事