• ホーム
  • トレンド
  • 一酸化炭素に備える、秋冬キャンプ必須のマルチ警報機「Cam.G Field」

一酸化炭素に備える、秋冬キャンプ必須のマルチ警報機「Cam.G Field」

暮らし

2022/08/25 08:00

 ヤベツジャパンは、これからの秋冬キャンプの必須アイテムとなるマルチ警報機「Cam.G Field」のクラウドファンディングを8月23日からMakuakeで開始した。

マルチ警報機「Cam.G Field」

 「Cam.G Field」は、火気の使用が不安な秋冬キャンプのマストギア。一酸化炭素や二酸化炭素、温湿度を一挙にチェックすることができる。また、非常ベル機能付きで、アウトドア、夜釣り、バーベキュー、車中泊、日常使用、地震対策、キャンプ、登山、防犯、防災、停電、非常時、緊急時など、どこでも心強い味方になる。

 車内や屋内での火器使用時、キャンプなどの屋外、冬に窓を閉めっぱなしにして暖房器具、カセットコンロ、ガス湯を使う際、一酸化炭素や二酸化炭素をリアルタイムでモニターして基準を超える濃度を感知すると警報が発生する。

 また、温湿度を専用アプリで設定し、設定値を逸脱すると本体で警告、アプリで知らせる。テント内の空気環境をチェックするために、わざわざ設置場所へ行かずとも手元のスマホでモニタリングできる。
 
専用アプリで設定、モニタリングもできる

 非常ベル機能では、登山などに出かけて、万が一道に迷ったときに非常ベルを鳴らして居場所を知らせることができる。

 なお「Cam.g Field」は、実際にアウトドア環境でのフィールドテストや、自社研究所での試験を実施しており、認証機関ではKC認証(韓国)を取得している。

 Makuakeでのリターンは、超早割・20%オフ(100人限定)が1万4960円、早割・15%オフ(200人限定)が1万5890円、マクアケ特価・10%オフ(700人限定)が1万6830円。プロジェクトは9月26日まで。クラウドファンディング終了後、11月末までに届ける予定。

オススメの記事