• ホーム
  • トレンド
  • 横浜市民限定 スマホアプリを使った「レシ活」 8月26日スタート

横浜市民限定 スマホアプリを使った「レシ活」 8月26日スタート

金融

2022/08/16 17:30

 人口約377万人(2022年8月1日現在)の神奈川県横浜市は、市民生活の支援と、市内事業者の利用促進による横浜経済の振興を図るため、WEDが運営するレシート買取アプリ「ONE」を活用した、「レシ活VALUE(バリュー)」「レシ活チャレンジ第2弾」の二つのキャンペーンを8月26日から開始する。

横浜市×WED再び

 レシ活VALUE(バリュー)はレシートを活用した市民・事業者支援事業で、横浜市内居住者限定。レシ活チャレンジ第2弾はレシートを活用した市内飲食店(店内飲食・テイクアウト・デリバリー)利用促進事業で、居住地問わず対象となる。実施期間は8月26日~11月30日。
ポイント還元の流れ

 どちらも、「ONE」を通じて横浜市内の対象店舗で渡される対象レシートを送信すると、最大20%をポイント還元する。手書きの領収書や一つでもレシ活VALUE/レシ活チャレンジ第2弾の条件を満たさないレシートは対象外となる。
レシート読み取りイメージ

 ポイント還元の期間中の還元上限は1人あたり3万円相当。1日の投稿上限は、レシ活VALUEの「食料品・その他」「ガソリン」が各1枚、レシ活チャレンジ第2弾の「飲食店」は1日1枚。1回の還元上限は「食料品・その他」が600円、「ガソリン」が1000円、「飲食店」が3万円。還元されたポイントは、アプリ上で電子クーポンなどの購入や個人口座への出金が可能だ。

 なお、スマートフォンを利用しない人でも還元を受けられるよう、スーパーやガソリンスタンドなど、飲食店以外を対象としたレシ活VALUEは郵送での申請(1人1回のみ)も可能とする。郵送による申請受付期間は11月1日~12月7日必着。

 事業に関する問い合わせは横浜市経済局市民経済労働部商業振興課(045-671-3488)、アプリの利用方法に関する問い合わせはWED カスタマーサポートまで。
ギャラリーページ

オススメの記事