• ホーム
  • トレンド
  • 白ナンバー社用車のアルコールチェック義務化対応 車載デバイス不要で月額500円の新プラン

白ナンバー社用車のアルコールチェック義務化対応 車載デバイス不要で月額500円の新プラン

経営戦略

2022/07/26 07:00

 スマートドライブは7月25日に、アルコール検知器の有無や種類を問わず利用が可能な白ナンバー車両のアルコールチェック記録管理を含む、社用車を使用するために必要な業務を簡単に実施できる新しいプラン「SmartDrive Fleet Basic」の提供を開始した。

社用車の使用にあたって法令上必要な業務を容易にする新サービス

 「SmartDrive Fleet Basic」は、紙やExcelでの煩雑な管理・運用に悩む安全運転管理者や車両管理者向けに、社用車の乗車前後のアルコールチェック記録管理や運転日誌の作成、日常点検、車両予約といった、法令上必要な業務をスマートフォンだけで簡単に登録できる。また、クラウド上での一括管理によるペーパーレス化によって、業務を効率化できる。

 車載デバイスを購入することなく、1IDあたり月額500円から利用可能で、道路交通法など法令遵守体制の手軽な強化を実現する。

 改正道路交通法施行規則の施行によって、2022年4月から義務化された白ナンバー事業用車両のアルコールチェックについては、通信型・非通信型などメーカーを問わず手持ちのアルコール検知器を用いて記録でき、ドライバーの直行直帰時の確認を補助すべく、アルコールチェック時の顔写真の添付機能に加えて電話やビデオ通話など対面に準じた方法でリアルタイムに確認を行った証跡を残せる「リアルタイム証左機能」も用意している。
 
「SmartDrive Fleet Basic」の特徴

 さらに、対応するシガーソケット型デバイスまたはドライブレコーダーを購入することで、「SmartDrive Fleet」へのアップデートが可能となり、リアルタイムで対象車両の位置情報を把握できる動態管理機能や、運転のクセなどを可視化する安全運転スコア機能などを活用して、業務効率のさらなる効率化や安全運転の推進が可能になる。

オススメの記事