• ホーム
  • トレンド
  • 大阪・関西万博公式キャラクター、愛称は「ミャクミャク」

大阪・関西万博公式キャラクター、愛称は「ミャクミャク」

時事ネタ

2022/07/19 16:00

 2025年日本国際博覧会協会は7月18日、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の公式キャラクターの愛称を選ぶ最終選考委員会を開催し、最優秀作品を「ミャクミャク(英:MYAKU-MYAKU)」に決定した。

大阪・関西万博公式キャラクターの愛称は「ミャクミャク」に

 愛称の審査・選考は、4月26日から5月16日までの応募期間中に応募があった3万3197作品の中から、形式要件を満たしたものについて1次審査を実施し、日本語と海外言語での意味のチェックや商標調査を経て、キャラクター愛称選考委員会による選考を行い、今回、「ミャクミャク(MYAKU-MYAKU)」を最優秀作品に決定した。

 今後は、愛称の決定した同キャラクターを公式ロゴマークに続くもうひとつの大阪・関西万博のシンボルとして、大阪・関西万博のさらなる周知と機運の醸成に広く活用するとともに、世界中から愛され、親しみをもたれるキャラクターとして育てていく。また、同協会公式ウェブサイトに公式キャラクター専用サイトを開設し、キャラクターのプロフィールなどを公開する。

 なお、今回の最優秀作品は同一愛称で2人から応募があり、川勝未悠さんと作田陽向さんが受賞者となった。

 川勝さんは、愛称のコンセプトについて、「今まで『脈々』と受け継がれてきた私たち人間のDNA、知恵と技術、歴史や文化。変幻自在なキャラクターは更にあらゆる可能性をその身に宿して、私たち人間の素晴らしさをこれからも『脈々』と未来に受け継いでいってくれるはず。そんな希望を込めて『脈々=ミャクミャク』と名付けた。またミャク=脈であり、生命そのもの。ミャクミャクという2音が続く様は、命が続いている音にも聞こえる」とコメントしている。

 作田さんは、「初めてキャラクターを見たとき、赤色と青色が動脈と静脈を連想させた。また、万博のテーマである、人類文明のつながりや、国際的なつながりを、『脈』という言葉で表せられると思った」とコメントしている。

オススメの記事