• ホーム
  • トレンド
  • シュノーケリングの聖地「ヒリゾ浜」への渡し船 7月1日から運行開始!

シュノーケリングの聖地「ヒリゾ浜」への渡し船 7月1日から運行開始!

暮らし

2022/06/25 11:00

 休暇村協会は7月1日~8日の期間(土曜は除く)、同法人が運営するリゾートホテル「休暇村南伊豆」(静岡県賀茂郡南伊豆町)において、「ヒリゾ浜の渡し船」の運行開始に合わせて、「ヒリゾ浜渡し船運行記念ウィーク宿泊プラン」を1日10組限定で販売する。2名1室和室利用時の、1名あたりの料金は1泊2食で1万3500円から。

「ヒリゾ浜の渡し船」と宿泊をセットにした1日10組限定のプランが登場

 ヒリゾ浜は、石廊崎と中木の境にある抜群の透明度を誇る海岸で、シュノーケリングの聖地とも呼ばれている。船でしか行けない独特の地理的環境であることや、付近に川などがないこと、伊豆半島最南端の海岸で黒潮の通り道となっていることなどの条件が重なって、日本有数の美しい海水浴場となった。

 貴重なエダサンゴが群生するとともに、豊かな黒潮の影響によって南国の季節回遊魚も周遊するため、シュノーケリングや磯遊びにも適しており、国内で25番目のジオパークに登録されている。
 
ヒリゾ浜周辺の海中の様子

 ヒリゾ浜の渡し船は、7月1日~9月30日(予定)の期間に運行される。乗船料は、大人が2000円、小学生が1000円。

 ヒリゾ浜渡し船運行記念ウィーク宿泊プランは、基本宿泊料金から2000円引きの特典付きで、金目鯛の握り寿司や煮付けといった伊豆ならではの食材を使ったビュッフェが付属している。
 
「ヒリゾ浜渡し船運行記念ウィーク宿泊プラン」で提供される料理のイメージ

オススメの記事