• ホーム
  • トレンド
  • メルカリがビットコイン取引機能を提供、2023年度中に対応予定

メルカリがビットコイン取引機能を提供、2023年度中に対応予定

 メルコインは6月17日付で、資金決済に関する法律に基づく暗号資産交換業者としての登録を完了したことを発表した。

メルカリの子会社であるメルコインが「メルカリ」の
売上金などを用いたビットコイン取引の提供を予定

 同社は、暗号資産やブロックチェーンに関するサービスの企画・開発を行うことを目的としたメルカリの子会社として、2021年4月28日に設立されている。

 今回の、暗号資産交換業者としての登録完了によって、2023年度中(2022年7月~2023年6月)を目処に「メルカリ」の売上金やポイント、「メルペイ」の残高を使ってビットコインの取引ができる機能の提供などを開始する。

 さらに、今後はメルペイにおける決済・送金・与信機能の提供に留まらず、暗号資産の購入や資産運用機能の提供といった、より利便性の高い金融サービスを利用可能な環境づくりを目指す。

オススメの記事