日本初のビットコインが貯まるクレカ登場! 期間限定で還元率が最大2.5%

サービス

2021/12/02 21:00

 bitFlyerと新生銀行グループのアプラスは、日本初となるビットコインが貯まる「bitFlyer クレカ」を12月1日に提供開始した。

「bitFlyer クレカ」が誕生、
入会キャンペーン実施

 「bitFlyer クレカ」は、ビットコインをはじめ暗号資産にすでに投資している人にはもちろん、まだ暗号資産投資に踏み出したことのない人にも暗号資産を身近に感じてほしいという想いから生まれたサービス。「bitFlyer クレカ」を日々の買い物や公共料金の支払いなどに利用することで、利用額に応じたビットコインが自動的に貯まる。貯まったビットコインは、bitFlyerで簡単に売却できる。

 クレジットカードのブランドは、世界210を超える国や地域の加盟店ネットワークで利用できるMastercard。カード表面は、ナンバーレスで洗練されたシンプルなデザインとし、会員氏名、クレジットカード番号、有効期限、セキュリティコードを裏面に集約することで、個人情報保護に配慮した。また、Apple PayやQUICPayといった非接触決済サービスにも対応している。
 
スタンダードカード(左)と
ラチナカード

 なお、「bitFlyer クレカ」の提供を記念し、入会キャンペーンを来年3月31日まで期間限定で実施する。「ビットコインプレゼント」キャンペーンでは、「bitFlyer クレカ」の発行が完了した先着6000人に、500円相当のビットコインをプレゼントする。

 「ポイント還元率アップ」キャンペーンでは、対象期間中のショッピング利用額に対し、1.5%のポイントを加算する。「bitFlyer Credit Card」の場合、通常0.5%+加算1.5%で2.0%となる。また、「bitFlyer Platinum Card」の場合、通常1.0%+加算1.5%で2.5%となる。

 

オススメの記事