• ホーム
  • トレンド
  • Snow Man向井康二さん考案「もみあげ手裏剣」とは K-POPアイドルや広島カープの選手にまで浸透!

Snow Man向井康二さん考案「もみあげ手裏剣」とは K-POPアイドルや広島カープの選手にまで浸透!

時事ネタ

2022/04/22 12:00

【こっそりミームを教えます・28】 SNSやネットで話題になっては定着していくミームたち。いつ生まれたのか分からないものから、芸能人が流行らせたものまでさまざまだ。今回ご紹介する「もみあげ手裏剣」は芸能人起源のミームの一つ。まるで芸人の一発ギャグのような響きだが、一体どんなミームなのだろうか。

「もみあげ手裏剣」の生みの親はSnow Manの向井康二さん!(画像はイメージ)

K-POPアイドルも真似するほど

 そもそも「もみあげ手裏剣」はSnow Manの向井康二さんがファンに向かってもみあげを投げる仕草をしたのが始まりである。そこからただ投げるだけでなく指でハートをつくる動きを追加したものがファンの間で人気となり、ついには流行先取りメディア「Petrel(ペトレル)」が発表した2021年インスタ流行語大賞・流行語部門で1位を獲得した。

 「もみあげを投げる仕草」と言われてもイメージが湧かないかもしれないのでやり方を説明しよう。まず自分のもみあげをつまみ、そこから手裏剣を投げるように手を前に出して最後は「指ハート」をつくる。同じく指ハートをつくる仕草の「キュンです」とよく似ているが、向井さんによると微妙な違いがあるようだ。

 今ではSNSでのポーズとして定番化し、K-POPアイドルも真似をする「もみあげ手裏剣」。広島東洋カープの外野手同士でも、“2アウト”の合図に使われているという浸透ぶりには驚きを隠せない。ファンサービスからちょっとした挨拶まで、汎用性の高さが支持された理由なのだろうか。

 さらに向井さんは新たなギャグ「動脈ピース」を流行らせようと狙っているそうだ。実際にテレビ番組で披露した数分後にはTwitterのトレンド入りを果たすなど、ポテンシャルの高さが伺える。このままの勢いで「動脈ピース」も流行語大賞に選ばれるミームへと成長するのか注目していきたい。(フリーライター・井原亘)

「もみあげ手裏剣」だけじゃない! 是非チェックしたいその他トレンドワード
・きらら先輩
・フェイク赤ちゃん
・寿司ピクミン
・tiktok検証

■Profile
井原亘

PR会社社員の30代男性。現在は流行のモノや現象を追いかけるフリーライターとして活動中。ネットサーフィンとSNS巡回が大好きで、暇さえあればスマホをチェックしている

オススメの記事