• ホーム
  • トレンド
  • ビックカメラ、カメラのレンタル「テイクアウトレンタル」の展開を43店舗、1500アイテムに大幅拡大

ビックカメラ、カメラのレンタル「テイクアウトレンタル」の展開を43店舗、1500アイテムに大幅拡大

 ビックカメラは、カメラ機材のサブスクリプションサービス「GOOPASS」を展開するカメラブと協業して、4月22日からカメラのお試しレンタルサービス「テイクアウトレンタル」の対象店舗を、ビックカメラのカメラ取り扱い全店(43店舗)に拡大するとともに、対象商品を約1500アイテムに大幅拡大する。
 

「テイクアウトレンタル」が取り扱い店舗、対象商品を大幅拡大

 「テイクアウトレンタル」は、ビックカメラ店頭にてカメラ機材を検討・購入する際に、新品在庫をお試しレンタル品として持ち帰って試せる「GOOPASS」の新プラン。持ち帰って試して、気に入った場合は後日そのまま購入でき、購入に至らない場合でも一定期間後に返却が可能となっている。同サービスは、2020年12月に対象店舗10店舗、対象商品約140アイテムでサービスを開始した。

 今回のサービス拡大では、対象店舗をビックカメラのカメラ取り扱い全店となる43店舗に拡大するとともに、対象商品をミラーレス一眼カメラ、デジタル一眼レフカメラ、カメラ用交換レンズアクションカメラなど約1500アイテムに拡大する。

 あわせて、気軽に利用できるよう、最低レンタル期間を1カ月間に短縮した。

オススメの記事