• ホーム
  • 業界動向
  • カメラのサブスク「GooPass」がビックカメラと協業、「テイクアウトレンタル」の店舗実証実験を開始

カメラのサブスク「GooPass」がビックカメラと協業、「テイクアウトレンタル」の店舗実証実験を開始

販売戦略

2020/12/02 17:30

 カメラ機材のサブスクリプションサービス「GooPass」を展開するカメラブは、ビックカメラと協業し、12月4日からビックカメラ渋谷東口店本館2Fで、新品のカメラを買う前に持ち帰って試用できる「テイクアウトレンタル」の店舗実証実験を開始する。

新品のカメラを買う前に持ち帰って試用できる「テイクアウトレンタル」の
店舗実証実験を12月4日に開始

 テイクアウトレンタルは、ビックカメラの店頭でカメラ機材を購入する際に、購入するかどうかをその場で決めずに、新品在庫をお試しレンタル品として持ち帰って試せるGooPassの新プラン。持ち帰って試した結果、気に入った場合は後日そのまま購入ができ、また、購入に至らない場合でも一定期間後に返却ができる、カメラの新しい購入手段となっている。

 今回の店舗実証実験は、ビックカメラ渋谷東口店本館2Fのカメラコーナーで実施し、取扱商品はミラーレス一眼カメラ、交換レンズなどを予定している。なお、テイクアウトレンタルは、ビックカメラアクセラレータープログラム発の取り組みとなる。

オススメの記事