• ホーム
  • トレンド
  • 納税などに便利なスマホ請求書払い お得度で選ぶおすすめはau PAY!

納税などに便利なスマホ請求書払い お得度で選ぶおすすめはau PAY!

 PayPayは2022年4月1日から、「PayPay請求書払い」について特典付与(PayPayポイント付与)の対象外とした。引き続き、PayPayステップの達成条件(決済回数・利用金額)のカウントには含める。

PayPayステップの特典の対象外となるお支払い(2022年4月1日以降)

 ほかにも、au PAYLINE Payd払いゆうちょPayなどがスマートフォン(スマホ)向けアプリによる請求書払いサービスを提供している。いずれも、スマホのカメラで請求書のバーコードを読み取って決済する仕組みは同じ。つまり、複数のスマホ決済サービスの利用登録済みなら、ポイント還元率や抽選で当たるキャンペーンの有無で選ぶとお得だ。なお、納税の場合、ポイント付与対象額の上限は決済1回あたり5万円となる。
 
2022年4月1日以降も請求書払いで還元率0.5%のスマホ決済サービスは「au PAY」と
LINE Pay」のみ(LINE Pay 請求書支払いはLINEクレカのチャージ&ペイに限る)

 4月1日以降、通常時に最もお得なスマホアプリの請求書払いサービスは、通常の「au PAY」と同じポイント還元(0.5%)のある「au PAY(請求書払い)」となる。「Visa LINE Payクレジットカード(LINEクレカ)」と紐付けた「チャージ&ペイ」に限り「LINE Pay 請求書支払い」も同じ還元率となり、請求書(コンビニ払込票)が対応している場合は、どちらを選んでも実質負担は同じだ。知名度の高いPayPay請求書払いは、PayPayステップ特典の達成を目指している場合に1回としてカウントされるメリットはあるものの、ポイント還元率ではこれらに劣る。ただ、便利な新機能「支払い予約」「自動支払い」を4月11日から提供するなど、サービス内容では他社を一歩リードしている。
 
「FamiPay請求書支払い」は支払い1回あたりFamiPayボーナス10円相当進呈される。
つまり2000円未満の請求書なら実はau PAYの請求書払いよりお得だ

 PayPayの特典付与ルール変更でPayPay請求書払い利用時のお得度は下がったが、コンビニや窓口にわざわざ行かずに済む利便性から、届いたコンビニ払込票が対応している場合は、スマホ決済サービスの請求書払いの利用をおすすめしたい。(BCN・嵯峨野 芙美)

オススメの記事