• ホーム
  • トレンド
  • PayPayボーナスを「PayPayポイント」に名称変更 1ポイント1円として使える

PayPayボーナスを「PayPayポイント」に名称変更 1ポイント1円として使える

 PayPayは3月1日、キャッシュレス決済サービス「PayPay」の残高の一つ、「PayPayボーナス」の名称を「PayPayポイント」に2022年4月1日に変更すると発表した。

PayPayポイント」に名称変更

 ソフトバンクは4月1日から、利用料金などに応じてソフトバンク回線契約者に付与するポイントを「Tポイント」から独自の「ソフトバンクポイント」に変更する。ヤフーもまた、3月31日をもって一部を除き「Tポイントサービス」を終了し、4月1日以降順次「Yahoo!ショッピング」「PayPayモール」「ヤフオク!」「PayPayフリマ」など、Yahoo! JAPAN関連サービスにおけるキャンペーンなどで付与される特典を「PayPayポイント」に変更する。

 PayPayボーナスは、名称こそ「ボーナス」だが、利用方法は有効期限なしの共通ポイントと同じ。名称変更で、使いみちが分かりやすくなる。なお、名称以外のサービス内容に変更はなく、4月1日以降は現在と同様、PayPayポイント1ポイントにつき1円相当として利用できる。送金や譲渡、銀行口座への出金不可といった特徴にも変わりはない。
 
PayPay残高の名称(2021年3月31日まで)

 またPayPayは、4月1日に、「PayPay請求書払い」のPayPayステップ特典を変更し、特典付与(PayPayボーナス付与)の対象外とする。引き続き、PayPayステップの達成条件(決済回数・利用金額)のカウントには含める。

オススメの記事