• ホーム
  • トレンド
  • 西友と楽天、楽天ポイントを軸とするOMOを本格展開、「楽天カード 西友デザイン」を発行

西友と楽天、楽天ポイントを軸とするOMOを本格展開、「楽天カード 西友デザイン」を発行

 西友は、西友グループの全店舗で2022年4月26日から楽天ポイントサービスを導入する。これに先立ち4月5日に電子マネーの「楽天Edy」を先行導入する。あわせて、楽天カードは、スーパーマーケット業界との初めての取り組みとなる、クレジットカード機能付きオリジナルデザインカード「楽天カード 西友デザイン」を4月1日に発行する。

西友グループの「西友」「リヴィン」「サニー」全店舗で楽天ポイントがたまる・使えるように

 3月10日に楽天グループと西友は、両社のOMO(Online Merges with Offline)戦略に関する事業戦略発表会を開催。西友の実店舗とネットスーパーは客層が異なることから、今後、西友、楽天グループ、楽天ペイメント楽天Edy、楽天カードは合同で、共通ポイントの楽天ポイントを軸に実店舗とオンラインが融合するデジタルマーケティングを推進。西友は日本を代表するOMOリテーラーを目指す。
 
西友と楽天グループによるOMO事業戦略発表会でプレゼンテーションした
楽天グループの三木谷 浩史会長兼社長(左)、西友の大久保恒夫社長

 新たな施策として4月26日(予定)に、現在の「楽天西友ネットスーパーアプリ」に店舗でも使える機能を追加し、「楽天西友アプリ」としてリリース。ネットスーパー・楽天ポイントカード・楽天ペイ(アプリ決済)の各機能を統合し、ネットスーパーの注文でも店舗の購入でも使えるアプリに進化させる。
 
楽天は、全国のスーパーにOMOプラットフォームを展開
 
西友では実店舗とネットスーパーに顧客層の違いがみられ、
求められるマーケティングは変化している

 西友と楽天グループの連携は、18年10月の「楽天西友ネットスーパー」の協働運営から本格的に始まった。20年12月に「西友」「リヴィン」「サニー」全店舗に楽天ペイ(アプリ決済)を導入し、21年11月に来店すればポイントがもらえる「楽天チェック」を導入。さらに今回、楽天ポイントカードを導入し、店頭で楽天ポイントカードを提示すると通常より5倍の楽天ポイントを進呈するキャンペーンを開催するなど、西友を楽天エコシステム(経済圏)に加え、新規顧客層の開拓と既存顧客の活性化を進める。
 
これまでの提携の歩み

 なお、新たに「楽天カード 西友デザイン」を発行するが、既存の楽天カード会員は、手持ちの楽天ポイントカード/楽天カードをそのまま利用できる。スマートフォン一つで完結したい場合は、新たにリリースする楽天西友アプリまたは楽天ペイアプリが最適となるが、店頭では、楽天ポイントカードと他のキャッシュレス決済サービスとの組み合わせも可能だ。
 
ネットスーパーも統合した「楽天西友アプリ」をリリース予定

 楽天は、西友と構築した今回のプログラムをモデルに、OMOプラットフォームとして全国で展開していく計画。

オススメの記事