• ホーム
  • トレンド
  • NEC、GIGAスクール向け端末「Chromebook Y2」など5機種で自主点検

NEC、GIGAスクール向け端末「Chromebook Y2」など5機種で自主点検

 NECパーソナルコンピュータNECPC)は2月4日、同社が製造し、NECが自治体や教育機関に販売したGIGAスクール向け端末「Chromebook Y2」の一部で、製造工程の不備による余分なネジの混入が判明したことから、GIGAスクール向け端末5機種の自主点検を実施すると発表。今回の不具合に起因し、端末の落下による強い衝撃が加わったことで、バッテリ下に混入したネジがバッテリを破損させ、発煙・熱損に至った事案が1件確認されている。5機種の対象生産台数は124万台に及ぶ。

NECパーソナルコンピュータの自主点検対象5機種

 NECPCは、「Chromebook Y2」などGIGAスクール向け端末5機種に関して自主点検を実施する。Chromebook Y2などでケーブルの組み立て不良により、ケーブルが周辺部品と擦れて損傷しショートしたことで発煙・熱損に至った事案も確認されており、この不具合に関連する部位も今回あわせて点検する。

 点検対象となる端末は、「Chromebook Y2」(対象生産期間 2020年7月~21年10月)、「Chromebook Y3」(同 2021年6~11月)、「VersaPro EタイプVR VR-8」(同 2020年10月~21年10月)、「VersaPro EタイプVR VR-9」(同 2021年5~8月)、「VersaPro EタイプVR VR-A」(同 2021年8~11月)の5機種。
 
NECパーソナルコンピュータの自主点検対象5機種

 なお、現時点で「Chromebook Y2」以外の対象端末ではネジ混入は確認されていないが、同一ライン・同一時期に生産されていたため、点検を実施するという。具体的な回収方法・時期などについては自治体や教育機関と調整し、案内する予定。

NEC LAVIE N11、LAVIE Direct N11も自主点検

LAVIE Direct N11

 さらに、個人向けで2021年5月発売の「LAVIE Direct N11(2021年前期モデル)」と同年10月発売の「LAVIE N11、LAVIE Direct N11(2021年後期モデル)」でも、内部にネジの混入がないかを確かめるための自主点検を実施する。

 N11シリーズでは、Chromebook Y2などと同様の事案は発生していないが、同一ラインで同一時期に生産していたため自主点検を実施する判断をした。