中国市場でiPhoneが好調、6週間連続で販売台数トップに

データ

2022/01/25 19:00

 香港のカウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチは1月25日に、China Smartphone Weekly Trackerによる最新調査を発表した。
 

iPhone 13発売後の中国市場における売上ランキング

 同調査によれば、iPhone 13の発売(第39週)直後に、Appleは中国においてトップになり、それ以降の期間ではAppleの機種がほとんどの間トップを獲得し、競合する中国企業のvivoにほとんどその座を渡していない。

 Appleが中国におけるトップを維持したおもな要因となったのは、新モデルのiPhone 13で中国での発売開始時の価格が比較的抑えられていたこと、新型カメラ5G対応機種であることも販売を押し上げた。

 さらに、高級機市場におけるAppleの主要な競合であったHuaweiが、アメリカの貿易制裁を受けて売上が低下していることも、Appleにとっての追い風となっている。
 
中国市場におけるiPhone 13シリーズ各機種の売上比率(2021年)

 iPhone 13シリーズの中では、ベース機種の売上比率がもっとも高く、iPhone 13 Pro Max、iPhone 13 Proがそれに続いた。

 中国でのiPhone 13シリーズのイニシャルセールスは、前機種であるiPhone 12シリーズを上回っており、iPhone 13の発売によってAppleは中国市場でトップを獲得し、独身の日のわずかな期間を除いて1位を維持した。iPhone 12の好調な売上も、Appleの販売全体を押し上げている。

オススメの記事