• ホーム
  • 業界動向
  • Apple・Huawei・Samsungがトップ3に、2020年第3四半期のスマートウォッチ市場

Apple・Huawei・Samsungがトップ3に、2020年第3四半期のスマートウォッチ市場

 香港のカウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチは、スマートウォッチの出荷量が新型コロナウイルス感染症の流行の中でも成長軌道を維持し、2020年第3四半期も前年同期比で6%成長したという調査結果を含む、Global Smartwatch Model Trackerによる最新調査を12月22日に発表した。

世界のスマートウォッチ出荷台数シェア 2020年と2019年の第3四半期

 調査によれば、Appleは引き続き市場のリーダーのポジションを維持しており、昨年と比較して2%シェアを伸ばしている。Huaweiは、最近投入した機種の中でも子ども向けのスマートウォッチが好調で、15%のシェアを確保し2位の座を守っている。Samsungは、BBKを抜いて3位のシェアを獲得した。
 
中国が7四半期をかけてスマートウォッチにおける世界最大の市場に

 地域別では、中国が台数ベースで北米を抜き、世界最大の市場となっている。北米市場は、18年第4四半期以降、史上を牽引してきたが、20年第3四半期に中国が首位となった。

 インドは、スマートウォッチ市場では4%のシェアながら、MEA(中東とアフリカ)や中南米よりも大きな市場に育ちつつあり、出荷量は前年同期比で95%伸びている。

オススメの記事