• ホーム
  • トレンド
  • クレジットカード&タッチ決済の話題振り返り! 2021年12月のトピックス

クレジットカード&タッチ決済の話題振り返り! 2021年12月のトピックス

 クレジットカード会社主催のキャンペーンを含め、前月に話題になったクレジット/プリペイドカード関連のトピックスをまとめて紹介する。10月、11月引き続き、12月も話題盛りだくさんだった。

増えるコンタクトレス決済対応カード

 JCBは、「JCBオリジナルシリーズ」のカードデザインを一新し、期間中に3つの条件を全て満たすと、キャンペーン対象店舗での利用金額の20%をキャッシュバックする「新デザインでタッチ決済!20%キャッシュバックキャンペーン」を実施している。キャンペーン期間は2022年3月31日まで、キャッシュバック対象期間は22年5月15日まで。
 
リニューアルしたJCBオリジナルシリーズ

 キャンペーン対象店舗はセブン-イレブン、ファミリーマート、モスバーガーの3店舗。いずれも「JCBのタッチ決済」利用時に限り、還元対象となる。

 21年12月1日には、ワイジェイカードが新たにタッチ決済に対応した「PayPayカード」の発行を開始した。常時開催の新規入会特典は、PayPay残高として使えるPayPayボーナス最大7000円相当とやや少なめだが、他のコード決済サービスに比べ、自治体限定キャンペーンの多いPayPayを今後も使い続けるつもりなら検討する価値の高いカードだ。
 
「PayPayカード」がデビュー。新規入会特典はPayPayボーナス最大7000円相当

 また、三井住友カードは、探し物トラッカー「Tile(タイル)」機能を搭載した世界初のクレジットカード「三井住友カード Tile」の予約を開始した。ブランドはVisaのみで、「Visaのタッチ決済」にも対応。初回発行分は22年1月14日までの予約が必要で、予約が1500件を超える場合は抽選となる。
 
スマートトラッカー機能搭載「三井住友カード Tile」

 三井住友カード Tileは、カードサイズにBluetoothスピーカー、バッテリを内蔵し、実質的なBluetoothガジェット。発行手数料5500円、年会費1375円(初年度無料)は、機能面を考えるとむしろ破格の安さであり、忘れ物防止の決定版になるかもしれない。(BCN・嵯峨野 芙美)

オススメの記事