• ホーム
  • トレンド
  • サンストリート亀戸跡地に新商業施設! 「KAMEIDO CLOCK」2022年4月開業

サンストリート亀戸跡地に新商業施設! 「KAMEIDO CLOCK」2022年4月開業

販売戦略

2021/12/05 11:30

 野村不動産と野村不動産コマースは、東京都江東区亀戸に、同社グループのフラッグシップ商業施設「KAMEIDO CLOCK(カメイドクロック)」を2022年4月末に開業すると発表した。

22年4月オープンの新商業施設「KAMEIDO CLOCK(カメイドクロック)」

 場所は、地域の人々に愛されていた商業施設「サンストリート亀戸(2016年3月31日閉館)」の跡地。今回のプロジェクトでは、地域課題を解決し、多様なコミュニティ形成や地域の未来を見据えた価値創出を目指す“地域共生”をテーマにした街づくりとして、「住(プラウドタワー亀戸クロス)」「商」「学」「広場」の複合開発を進めてきた。
 
地域共生をテーマにさまざまな要素を内包する

 「KAMEIDO CLOCK」は、「LIVE UP!&LOVE LOCAL」をコンセプトに、高い日常利便性を実現する多彩なテナントを誘致。加えて、施設内外の空間を活用し、顧客、テナント、地域をつなぎ、地域課題の解決へ貢献できるよう、多様なコミュニティ形成や地域の価値創造を目指す。
 
遊び場やフードパークを設置する

 施設名称は、地域に住まう人々とともに“亀戸”の記憶を紡ぎ、新しい“時”を刻む生活創造拠点となりたいという想いを込めて「KAMEIDO CLOCK」と名付けた。
 
キャラクター 「カメクロちゃん」
 
「KAMEIDO CLOCK」のロゴ

 サンストリート亀戸が担っていた商業機能を継承・スケールアップし、衣食住を包括的にサポートできる、「ライフ」「ユニクロ」「TSUTAYA BOOKSTORE」など各ライフスタイルカテゴリの大型店舗を中心に、専門店全135店舗が出店する。また、地域コミュニティの活性化に特化したコミュニティスペース「カメラボ」、エンタテインメントを地域内外に発信する中心地となる「カメクロステージ(屋外)」、「カメクロコート(屋内)」など、独自のスペースやコンテンツも始動。独自の魅力で地元に愛され続ける商業施設を実現していく。

オススメの記事