• ホーム
  • トレンド
  • メタバース上の世界最大VRイベントに、ローソン、BEAMS、テレビ朝日など続々参加

メタバース上の世界最大VRイベントに、ローソン、BEAMS、テレビ朝日など続々参加

時事ネタ

2021/11/25 17:00

 HIKKYは11月24日に、同社が12月4日~19日の期間にメタバース上で開催するVRイベント「バーチャルマーケット2021」の出展企業第1弾として、各企業のブース内容および企業ブースが出展される会場の詳細を発表した。

「バーチャルマーケット2021」
企業出展会場の1つである「パラリアル渋谷」

 バーチャルマーケット2021のテーマは“メタバース・シティ”で、企業出展会場は「パラリアル渋谷」と「パラリアル秋葉原」の2カ所となる。「パラリアル」は、「パラレルワールド(並行世界)」と「リアル(現実世界)」を組み合わせた造語で、リアルとメタバースに並行して存在することを意味している。
 
もう1つの企業出展会場「パラリアル秋葉原」

 両会場とも、現実世界の渋谷と秋葉原を精巧に再現した街並みが広がり、現実世界とリンクした天気、来場者が増えれば増えるほど伸びるビル、リアルとメタバース両方の街のプチ情報がポップアップで浮かび上がる“空間タイムライン”など、メタバース上だからこそ可能な「パラリアル」な街を表現する。
 
現実世界とリンクした天候のイメージ(上)と、
“空間タイムライン”のイメージ

 バーチャルマーケット2021には、ローソン、SMBC日興証券、ビームス、テレビ朝日、東京マルイ、小学館集英社プロダクション、大丸松坂屋百貨店、マーベラス、アークシステムワークスなど、多彩な企業・ブランドの出展が決定している。
 
(上から)ローソン、ビームス、
テレビ朝日の出展ブースイメージ

オススメの記事