Go To Eat東京、食事券の有効期限を2022年春まで延長

販売戦略

2021/11/25 19:00

 Go To Eat Tokyo食事券発行共同事業体は、Go To Eat キャンペーン Tokyo 食事券(アナログ・デジタル)の有効期限を変更する。これまでは12月15日までとしていたが、変更後は2022年3月31日まで有効になる。

2022年3月まで有効期限が伸びたGo To Eat東京の食事券

 販売再開日や販売期間、電子引換券・はがきの引換券の受付、有効期限などは調整中とし、確定次第知らせるとしている。なお、電子引換券・はがきの引換券を持っている場合は再開後も利用して食事券を購入することができる。また、申込はがきの到着締切日が「令和3年(2021年)1月8日必着」であっても再開後は利用可能だ。

 すでに購入した食事券については、店舗内飲食での利用は極力控え、テイクアウト・デリバリーで利用するよう呼び掛けている。出前専用サイトなど、飲食店が配達を他の業者に依頼している場合、食事券は利用できないので注意したい。

オススメの記事